奥様コミュニティー

トップページ > 奥様コミュニティー

第3講 『クリニックのコミュニケーション改善』終了しました。  平成24年5月17日

本日第3講「クリニックのコミュニケーション改善」が終了しました。
講師は人材育成サポートの津川育子先生でした。

このテーマの具体的な研修内容につきましては、過去の記事(下記)をご覧ください。
とにかくこのテーマでお悩みのクリニックは本当に多いです。

お昼の食事会は大宮のゼフィロで行いました。
何と大宮駅前なのに、ヨットがプールに浮かんで地中海リゾートの雰囲気!

ここでも津川先生を囲んで、クリニックのコミュニケーションの話題で盛り上がりました。

この問題を解決した先には、快適な職場環境、そして増患・増収という明るい未来が待っています。

第2講 『決算書の見方・活かし方』終了しました。  平成24年4月12日

本日は「決算書の見方・活かし方」の講義でした。
講師は弊職が担当いたしました。

セミナーの内容は過去にアップしました記事(下記)に具体的に書いておりますので、是非ご覧ください。

特に皆様に理解をしていただきたいのは「勘定合って銭足らず」の話です。
この話をしますと、「えーっ、そうだったの?!」「知らなかった!!」という皆様、必ず驚嘆の反応をされます。
 可処分所得(本当の手持ち現金及び預金残高)を的確に把握することは、安定した医院経営やドクターの生涯設計のためにどうしても必要です。“立ち行かなくなるクリニックはこの金額を正確に把握していません。
 借入金の返済も住宅ローンの返済もご子息の教育費・学費もこの中から捻出しなくてはならないのです。なかなか今の顧問の税理士さんからはきちんと教えていただけないようです。

次回は人材育成サポートの津川育子先生を講師にお招きし、「クリニックのコミュニケーション改善」について研修いたします。

自院のスタッフとのコミュニケーションに不安のあるクリニックの奥様、必見です!!

『第3期 埼玉地区奥様医業経営コミュニティー始まりました!!』   平成24年3月22日

いよいよ第3期目がスタートいたしました!!

今期の参加人数は8名です。
埼玉県だけではなく、東京都の歯科の奥様にもご参加いただきました。
(東京の同研修よりも、埼玉の弊職主催の方がレベルが高いと自負しております。手前味噌で恐縮です。)

また、第1期生の奥様も1名ご参加いただきました。
本日の講師医療コンサルタントの野口剛先生に是非アドバイスをいただきたいとのことでした。
このように一流の医療コンサルタントへの相談も参加料に含まれております。

一度過去にご参加いただきました奥様には、それ以降何度でもこの研修に参加していただけることになっております。大変、お得な研修会だと思います。

本日の講師は医療コンサルタントの野口剛先生です。
テーマは「クリニックのマーケティング」です。

マーケティングの基礎と
ちょっとしたことで、増患できるポイントを多数教えていただきました。

セミナーの模様は全てDVDに録画し、それを参加者全員に差上げますので、
講義中はメモを採らずに先生のお話に集中していただくことができます。

セミナーの後は、大宮モノリスの展望レストランで昼食をとりながら補講をいたしました。
皆様、野口先生のアドバイスを大変熱心にメモをとっていらっしゃいました。補講の内容も充実しているので、録音して配ってほしいとある奥様からご提案いただきました。是非、検討しなくてはと思いました。

次回は弊職が講師を務めます。テーマは「決算書の見方・活かし方」です。

前期の決算書又は直近の試算表と電卓のご持参いただきますようよろしくお願いいたします。

埼玉地区 第3期 奥様医業経営コミュニティー 応募状況について  平成24年2月1日

さて、第3期奥様医業経営コミュニティーの参加者募集のDMを皆さまにお送りさせていただきました。

応募状況ですが、現時点で既に7名のご応募が決まっております。

残り3名で第3期は〆切りとさせていただきますので、ご希望の方はお早くお申込みをお願いしたします。

先着限定10名とさせていただいております。

どうしてもご応募が間に合わなかった奥様におかれましては、第4期(約半年後開催)からとなります。

誠に勝手ながら、よろしくお願いいたします。

第7講 「決算書の見方・活かし方」終了しました。  平成24年1月26日

本日、奥様医業経営コミュニティー 第7講(最終講)終了しました。
 講師は弊職が担当し、「決算書の見方・活かし方」というテーマで講義をしました。
参加される奥様には、自院の前期の決算書(確定申告書)又は直近の残高試算表をお持ちいただきました。実際にそれらを使っていろいろなことをやりました。

①損益計算書と貸借対照表の基本的な見方。
②なぜ、「勘定合って銭足らず」が起きるのか?
③本当の可処分所得の金額の計算方法。
④TKC経営指標を使っての自院の財務診断(うちは全国でどのレベルにいるの?)。
⑤改善の結果がどのように数字に現れるのか?検証と分析の方法。
等々

 

②③につきましては、「えーっ、そうだったの?!」「知らなかった!!」という皆様、驚嘆の反応でした。
特に③を的確に把握することは、安定した医院経営やドクターの生涯設計のためにどうしても必要です。
立ち行かなくなるクリニックはこの金額を正確に把握していません。
借入金の返済も住宅ローンの返済もご子息の教育費・学費もこの中から捻出しなくてはならないのです。今の顧問の税理士さんからはきちんと教えていただけないようです。

昨年の7月から、第2期奥様医業経営コミュニティーを開催してきました。
本日、最終講が終了してしまいました。ご参加いただきました奥様方、大変お疲れさまでした。
約半年間にわたって、毎月1回お会いしていた皆さまのお顔が拝見できないとなると、大変寂しい気がいたします。

この奥様医業経営コミュニティーには、一度ご参加いただいた奥様にはそれ以降いつでも何回でも、無料で出席していただくことができます。
寂しくなったら、いつでもまた声をかけてください。
そして、新しいメンバーともどんどん仲良くなって、情報交換してください。

 

半年間一緒にやってきますと、皆さんとても仲良くなられます。
 本当に「共同体(コミュニティー)」の仲間になるのです。
 これからも末長くお付き合いさせていただきたいと思います。

 
 

是非、次回以降のコミュニティーにもご参加お待ちしております!!

ページの先頭へ戻る